サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

今回イタリアでは薬草やハーブ好きにはそそられる
フィレンツェのサンタ・マリア・ノベェッラ薬局に行ってきました。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局は

現存する世界最古の薬局と言われていて、

800年前の1221年、

フィレンツェに移住してきた

ドミニコ会の修道院 (Santa Maria Fra Le Vigne = ブドウ畑の中の聖母マリア)

栽培した薬草を調合して薬を作ったのが

始まりとされています。

この修道院はその後、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会と発展し、

フィレンツェで最も重要な教会の一つとなります。

薬局は元修道院あとに設置されており、

天井にはフレスコ画が描かれ、

壁には歴代の主の肖像画が並びます。

内部は広くて薬局博物館のようになっています。

美しい中庭、昔の薬草調合室、礼拝堂、博物館などを見て回ることができます。

博物館には、17世紀に書かれた処方箋や研究書物、

薬を調合する時につかった実験器具など大変興味深く、

長い歴史を感じ取れます。

なんといってもこんなに「いい香り」がする博物館は

世界広しといえどもあまりないでしょう

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局より

最後のいい香りのする博物館というくだりはまさにそう!
フィレンツェの雑踏の中から扉を開けると、
うっとりする香が漂う中へと
導かれていきました。
この薬局はの入口は危うく通り過ぎてしまうほど
わかりづらく教会は駅の目の前ですぐわかるのですが
薬局は壁伝いにぐるっとまわりこみます。
薬局の中はうすぐらく、歴史を感じる素敵な建物でした。

ということで、ここのメリッサ水をつくろうと
うちの庭のメリッサを使って、さっそく芳香蒸留水をつくりました。

日本未発売の薬局のメリッサ水は
古くからの調合でノンアルコールだったので
たぶん芳香蒸留水だと思う。
(買ってないのでわかりませんが)
胃腸用に飲用するもので、
スプーン一杯を砂糖水と一緒にと
書かれているのできっと濃くて苦いのですね。

私も自分で作ったメリッサ水を飲んでみました。
胃腸は強いので胃腸的にはどうなのかわからないけど
ハーブティよりは濃いので、(砂糖水をつけるほどではない)
万能薬のメリッサ、身体に心に肌に
効果があったでしょう!
そうそうデトックス効果はあったと思います。

ヨーロッパの修道院医学では

メリッサは万能薬とされ

ドイツなどでは

アルコールにメリッサやクローブ
ナツメグで抽出されていて、
水で薄めて飲むそうです。


もう一つサンタマリアノベェッラ水というのがあったのですが、
こちらはアルコール使用だったので
たぶん昔からのアルコールにいろんなハーブを漬け込まれた
ものだと思います。

ティールームもあり、
ハーブティや、コーディアルなど
お菓子などもいただけます。


[PR]
by kikicava | 2015-05-12 20:13