乳香・・ フランキンセンス

f0031777_9223651.jpg


写真は乳香を焚いているところです。
炭の上にほんの少量の乳香を置くだけで
瞬く間にモクモクと煙が出てきます。

私はこの乳香の香りを嗅いで見たかったのだ~

この立ち昇る煙を見ていると、
古代の人たちは、この煙が天への道を作ってくれて
人間と神の橋渡しになって対話していたのじゃないかと思う。


そんなわけで、昨日はこの乳香の香りが楽しめる、
アラブ・トルコ地中海料理レストラン カルタゴ へ、メキシコ仲間3人で出かけた。

乳香は.
 ...ボスウェリア属の樹木はインド、オマーンなどの
南アラビア、ソマリアなどの東アフリカに分布している。
これらの樹皮から分泌された樹液は
空気に触れると乳白色~橙色の涙滴状の塊となる。
その様子から乳香の名がつけられた。(Wikipediaより)

キリストが生誕したとき、
東方から来た3人の博士が「乳香と没薬と金」を
捧げたとも聖書に書かれています。

又、ガムのような樹液は食べることも出来るそうです。


アロマテラピーでは、この樹脂を水蒸気蒸留して採油した
エッセンシャルオイルをフランキンセンス(オリバナム)と呼ばれています。

フランキンセンスと言ったら効能はやはり、スキンケアに使うのがベター。
後は呼吸器系のトラブルを軽減するのに活用してます。

古くから使用されていた歴史から
ココロの安定などメンタル面にも活用されます。

★禁忌 妊娠中・生理中の方は使用を控えたほうがいいです。

香りについては、甘く爽やかな香りがします。
ただ、エッセンッシャルオイルのほうが、重い香りがします。

家で使うことを考えたら、あまりの煙で、躊躇してしまいましたが、
今になって、また嗅いで見たい衝動にかられます。

今日はとりあえずフランキンセンスの芳香浴してみましょうか。
[PR]
by kikicava | 2008-07-16 10:17 | aroma /harb