留学

Wがやっと、
自分から留学に行きたいと言い出した。
さがしたら、ちょうど今奨学生募集の記事が・・・
でも、締め切りは4日後!

いろんな書類等が必要になるので
この日にちじゃ・・とは、思ったけど

明日すぐ先生に話して見てごらん・・・と

案の定、先生から電話があり、
この日にちじゃ無理と言うことに・・・

とりあえず学校に行くと、
先生が募集している協会に、連絡を
入れてくださり、学校の資料は
でき次第と言うことになり、
一時はあきらめかけた事が、現実になった。

中学にもお願いして成績表を取り寄せた
後は、英文のエッセイと「留学の目的」の作文

朝方までやって、8割方まで出来た文を
先生に添削をお願いする

先生も忙しいらしく
今なら見てあげると言うことで、
まだ完成じゃないのですけど・・・と言うと
だめじゃない!と一喝されたらしい
それに今日は週1回のネイティブの先生も来ている
貴重な日だったのに
とうとう見せないで帰ってきた。

私は息子にあきれましたねー!!

完成して無くても、時間がないのだから
見てもらうべきだったんじゃないか
ネイティブ ティチャーもいたのに・・・
もう~!!どんな反応されても
チャンスは自分で切り開かなきゃ!!(怒!!)

担任の先生は、いろいろ進路のことも
心配して、話してくれたとおもうのですが、・・・
普通高3から留学する子はすくないとか、
急に決めたことはいけないとか・・・
高校生でいかなくても・・・などなど

とうとう・・・
Wは留学を辞めると言い出した。

彼なりに、周りの協力が得れないことや、
今の生活を変えることへの不安に駆られたことからだった。

行くことも、行かないことも
決めるのは彼自身だけど、

一度回り出した事は、最後まで
諦めずにやりきってほしかった!!

先生の言葉に惑わされて欲しくなかった!

娘も高校1年で交換留学をさせて
いろんな体験を持って言えることは、

私は高校生までに留学はしてほしかった。
大学生は大人だし、フォロー体制が違う。

進路を決める前に
いろんな体験をすることによって
より、進路が見えてくることもあると思う
すごい良いチャンスだったと思っているのにー

まあ、留学もしたことにない先生には
わからない話だったかもしれませんが・・・

それにしても
息子にはとてもがっかりしました!!

気合いを入れて
息子にもつき合ったこの4日間
一気に疲れましたよ~

息子よ
今回のことで、たくさんのことを
学べよ!!
[PR]
by kikicava | 2006-10-21 17:46 | ファミリー